読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キレイじゃなくても、死にやしない

ヘアメイクでご飯食べてます。

男たちよ!胸を張って、メイクポーチを持て!

 

※今回のブログに、実践内容はありません!

※実践編は次回。

 

(ブログの神様が

微笑んでくれているのかな。

ありがたくネタに使わせてもらうぞ。若者よ。)

 

 

 

あっ!

こんにちは。

本日は、昼さがりの

湘南新宿ラインの車内から

お送りしております。

 

時間的に車内は、空いています。

 

さっきから、私は、

眉間にシワを寄せて考えています。

 

 

どう見ても

目の前の男子がスマホ

インカメラを見ながら

自分の眉毛を抜いている。

 

 

ひいき目に見ても高校生じゃない。

スーツを着ている。

 

いや、もしかしたら

制服なのかもしれない。

 

 

しかし、

バックのマチの広さからいっても

学生用ではないし、大きめの茶封筒と

パソコンが見えている。

 

 

注意すべきか。

イヤ。出来ない。

私には出来ない。

席を譲るのにもビビっているのに

人に注意とかは出来ない。

 

でも、ここは、彼の将来のために

言ったほうが良い。

 

美容を生業としている私だからこそ

言ってあげるべきだと。

 

でも、言えない。

あー!無理!

 

言いたい。

言いたい!!

言いたいんです!!!

 

 

「眉毛は抜くな!ハサミで切れ!」

 





 ってな感じで、

そうこうしている間に、

眉毛を抜くのが終わったらしく、

多分、モンストやり始めた。

 

 

 

ねぇ?

なんで、眉毛抜くの?

 

眉毛抜いて良いって誰に教わったの?

 

同中の友達?

地元の先輩?

 

 

 

 

メンズの眉毛をカットするときに

もう手がつけられないのが、

このタイプ。

 

抜いていて、毛も無いのに

整えられないだろうが! 怒

 

まず、毛を生やしてから、出直してこい。

話はそっからだ。

 

昔から、眉毛が太いのが気になっていて、

改善するために抜き始めたら、

どんどん細くなって行ったというのも

このタイプ。

 

 

美容にかける情熱に拍手を送りつつ、

詰めの甘さに平手をかましたい。

 

 

メンズは、女子と違って

メイクで顔が変えられない分

眉毛は、どんなやつも

唯一顔を変えられるパーツの一つ。

 

ここが変われば、

イケてる感じにもキモい感じにもなれる

自由自在!

 

そして、もう一つ

声を大にして言いたい。

「眉毛は抜いたら生えてこないと思え」

 

 

補足しますね。

 

毎回同じ所を抜いていると、

生えてこなくなる。

1回ぐらいだったらまだいいけど、

定期的に抜いていると

生えてこないか、

産毛上になり、まゆげとしての

機能はほぼ失うので、覚えておいてほしい。

 

ただな、

数々のお悩みを聞いてきた

ヘアメイクが自信を持って言う!

 

眉毛は抜いたら生えてこない!

と思って、眉毛を整えていただきたい。

 

 

ってことで、

本日は、男子美容 眉毛・前置き編です。

 

女子は、このブログを参考に、

彼氏はもちろんのこと、

狙っているメンズに 

是非やってあげてほしいと思います。

 

「◯◯くん、

眉毛変えればモテそうなのに。。」

 

とかなんとか言いながら、

 

「眉毛のハサミもってるけど、使う?」

 

みたいにけしかけて、

 

「うまく出来ないんだ。」

 

的な会話になったら、

 

「ちょっと、貸してみて!」

 

ってな感じで、チョキチョキっと。

 

「かっこよくなったじゃん!」

 

みたいに言ってあげてさ。

 

そしたら、そのメンズもその気になって、

 

2週間に1度は頼んでくるよ!

「また、眉毛やって」ってさ。

 

そっから、

調子に乗り出したメンズは、

意気揚々と最近合コンに行きはじめた話を

嬉しそうにあなたに話してきて、

結局、恋愛相談になって、

 

ただの世話焼き姉御となる可能性あるから、

 

 

結果、「慎重にいけ!!」

 

 

 


このブログ、前置きが長くて、

読みづらいと言われます。

貴重なご意見、ありがとうございます。

 

この前置きが書きたくて、

ブログをしているようなもの。

 

なので、

次回の実践編は見出しというものを

つけておきます。

 

前置きなしで、すぐ書きます!

 

 

そして、

眉毛だけじゃないぞ!男子美容!

 

 

これから、男子がメイクするというのが

当たり前の時代になるよ。

 

 

 

参考になるかわからんが。。↓

「もはやあたり前?! 

  化粧男子にまつわる恋愛エピソード4つ」

 http://howcollect.jp/article/7173

 

 

メイクポーチを持ち歩く男子が出てくる。

すでにいるんじゃないかな。

どんどん増えていくよ。

 

すでに、男子の♀化が進んでいる。

 

 

女子も

男が化粧とかキモいとか言って

いる場合ではないからな。

 

ちょっと、屈辱的と言うか、

全然、油断ならないし、、

 

益々、キレイでいることを

求められるかもしれない。

 

 

ただ、

女性の聖なる領域としてきた「美容」は、

もうすでに、

私達の手から離れて新しい市場を

開拓しているよ。

 

もう女とか、

男とか関係ない時代になってきているので、

「個」として、

「私は、こんな人間だぜ!」って

胸を張って言える時代になると

思うんですね。

 

言える強さも持たないと

いけないんだな。

大変。。

 

「モテ」とか、「結婚」とかも

もはや時代遅れなのかもしれないね。

 

「いやいや!それでも、

私は、やるけどね!」ッて気持ちが

大事ってことでもあると思うけど。

 

 

美容って女だけではなくて、

性別にとらわれない(男とか女とか簡単に分けられない人にも)、

 

生まれ持ったものは関係なくて(年齢とか、ハンディキャップがあるとか)

 

どんな人も上手く利用して、人生を楽しんでもらえる「道具」だと思うから、

様々な人に提供できる施術やサービスをやっていきたいと思って会社を作りました。

 

しかし、ビジネスが絡むと、キレイ事じゃ進まないし、わかりにくくもあるし、

頭抱える。

それが面白くもあるんだけども。。

 

 

 

 

話し戻しますね。

 

ってことで、

男子は、(性別でくくれない方も!)

恐れることなく、胸を張って、

美容に勤しんで頂きたい!

 

 

外見ばかり気にして、

中身は空っぽな人間ばかりになる。

なんていう人も言うけど、

 

中身がどんなに良くても、

見た目がキモかったら、

誰も近づいてこないから、

きっかけがないと

中身の良さを知ることは出来ないじゃない?

 

それは、損してる気がする。

本人も。周りも。

 

見た目空っぽかどうかは、本人が気づいて、

改善が必要だと思えば、改善したら良い。

 

周りがどんなに言っても

見た目を変えない人がいるのと同じで自分で気づかなければ、結局同じ。

 

 

だけど、男が、

身なりを気にするのが

恥ずかしいという時代は

とっくに終わっているし、

 

男を理由に身なりを整えるのが、

めんどくさいなんてのも

通用しない時代。

 

 男どもよ!胸を張って、

手鏡を持て!メイクポーチを広げろ!

これからは、魅せる時代だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「わかんねーよ!」

「出来ねーよ!」という方は

専門の人に教えてもらったほうが、

模索する時間が省けます。

atcrowner.com

 

女性用以外にもメニューがございます。

メニューにない

『ビューティー裏メニュー』もあるので、

行きつけの飲み屋の如く

「こんなんできる?」など、

気兼ねなくお問い合わせくださいませ。