読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キレイじゃなくても、死にやしない

ヘアメイクでご飯食べてます。

「職業:ヘアメイク」が伝える。見た目問題と整形する前にやってほしいこと。

こんにちは。

 

 

 

最近、テレビで、整形する人たちを特集した

内容の番組をやっていたのと、

ネット番組で生まれながら身体の機能障害が原因で

顔の骨が変形してしまったり、

隠しきれないアザを抱えて生まれて来た人たちの番組をやっていて

どちらも考え深い内容だったので、

今日はそんな話し。

 

ちなみに私の仕事であるヘアメイクと言う仕事は、人の髪の毛をセットし、化粧を施す仕事です。

 

もちろん整形みたいに根本を変えることはできません。

最近は、アイプチなどで一時的に一重や奥二重を二重に。元々の二重を幅広二重にすることはできます。

 

ただ、ヘアメイクとしては

その人のそのままをキレイにしていきたいという気持ちがあるので

そもそもを変えてキレイになろうとすることに正直違和感があるのは確かです。

 

違和感はありつつ、

可愛さへの探究心があるのはいいことだし

可愛い子が増えるのは単純に嬉しいし、

そこまでの美意識の高さに拍手を贈りたい。

 

整形をする気持ちも

アイプチをする気持ちも

よくわかります。

 

私も、整形に関しては、

美容整形外科のホーム・ページめっちゃ見て

本気でやろうと思っていた時期があるし、

(鼻に糸通して高くするやつ。意外に安いの)

 

未だに右目のまぶたの二重幅に

毎朝、一喜一憂する日々だし、

(昔、塗る二重美容液みたいなのを塗り続けてまんまとかぶれた)

 

エラのハリを気にして(小顔矯正に始まり、小顔ベルトを進行中)

万年ロングヘアだったし、(切ったよ!ショートだよ。気になるよ。めっちゃ気になる。エラ。)

治療法がないと言われた

白ニキビもあるし、(ハリで刺して、中身をしぼる作業は痛くて、泣く。)

上げればキリがない

自分の顔をつくり。

 

それでもやっぱり整形できないのは、

ピアスを開けたら勘当されてしまう

厳しい家庭だったのが原因かもしれません。

(昔、サン宝石で嘘っこピアスをつけてたら本物ピアスと勘違いしたお父さんがちゃぶ台ひっくり返して夕飯ダメにして、半狂乱になったお母さんに急須投げつけられたな。)

 

もうすっかり

大人だし、子供一人いてもおかしくない

年齢で今時そんなのに囚われなくて良いんだけど。

『親から貰った身体に!』

というのが付いて回っています。

 

番組の話に戻ると、整形する番組は

そこに出ている子達、全部で10人くらいて

整形するほどなの?という印象。

 

でもそれぞれ、悩みがあって

顔が不細工だから人生うまくいかない!整形したい!という話し。

 

ヘアメイクとしては、複雑な心境で見ていました。

 

何度も言うけど整形を反対しているわけではないです。

どんどんやれ!とも言わないけど。

 

でもさ、

整形する前に、

ダイエットとか、化粧研究とか、

エステとか小顔矯正とか美容鍼とか、

美容情報も腐るほどあるじゃないか。

 

今は色々あるのでその辺をやるだけ

やってそれでも納得できない!

というのであればやったら良いと思うのです。

 

番組の中で、整形後に、やっぱり自分はブスだからダメだ。

と言っている子がいて思ったんだけど、

 

結局問題は

顔の悪さではない。

 

整形はあくまできっかけでしかなくて

整形をしたいと言う子たちは

コレをきっかけに前向きになりたいとか

明るい性格になりたいとか結構シンプル。

(中には性同一性障害の子もいたけど)

 

いじめられた経験や人に指摘されて

自分の顔が嫌になってしまった子も多くて

それに打ち勝つ方法が見つからなくて

自分の殻にこもってしまったんだろうな。

 

でも、整形により

たった一回で『理想のきれい』になっても

気持ちがついていかなければ

整形した意味は無い。

 

きれいになるために努力するのは

理想形まで行くのに時間がかかるけど

 その分時間をかけて根本的な気持ちも変えていくと作業だと思ってほしいのです。

 

そして、その整形したいと希望している子達はみんな20代で中には10代の子もいたから若いときって自分の顔の欠点が許せないんですよね。

 

私も当時は相当厚化粧でしたし、美容にかけるお金は生活費を上回っていたし。

自分の顔が嫌すぎてこの職業になったくらいだし。

 

ただ、

30代になると昔ほど自分の顔に嫌気がささなくなった。

諦めなのか、愛着なのかわからないけど。今更、キレイになってアラブの石油王から求婚とかされたい!とかは思ってないしな。(いつまでもキレイになりたいとは思ってはいるけども)

 

もう一つの番組で

もともと身体に障害があってそれのせいで顔が他の人と違うと言う人たちは

すごく前向きだった。

 

そういう病気がこの世にあるんだと言うことを世間に知ってもらうためにこの番組に出たんだと言う彼ら。

 

ヘアメイクとしては、

もっているスキルで、この人達をなんとか最大限キレイにしてあげたい。

と思って見てたんだけど、

 

その人達の話を聞いてたら

見た目をキレイにするということにこだわって無くて

むしろ、世間は見た目という小さいことにこだわりすぎているのかもしれない

とまで思わせてくれる内容だった。

 

でも、

わたしは、それでご飯食べているから

そもそも私の職業の意味ってなんだろう?

人の見た目ってなに?

みたいな。

 

結局、

人の見た目を美しくする真理を追求する

日々を過ごすことになっているわけなんだけど。

 

奥が深い。

見た目問題。

 

番組で障害がある子が言ってた

『ある時、中身(気持ち・精神)と

 器(見た目に見える部分・身体)で切り離して考えられるようになって、

 わたしの中身はこの器を幸せにしてあげたいって思うんです。』

 

って言ってて、

なるほど!と思いつつなんかもう、人の見た目を変える仕事をしている

自分の考えが浅すぎて、浅すぎて、恥ずかしくなる。

 

最近は見た目問題が取りだたされることが

多くて、見た目が100%なんてドラマも出来ちゃうくらいだし、

 

f:id:atcerm25:20170510194057p:plain

 

それをビジネスチャンスとして捉えて新しいサービスをどんどん作り出して、世の中に

広めていきたい!とワクワクしてたんだけど

 

そうすることによって生きづらい世の中にさせてしまうのかもしれない。

 

みんなが幸せになるサービス。せめて不幸にはならないサービスを提供したいのに、

そんな上手くは行かないのかもしれないと、自分の職業に少なからず、諦めと、開き直りと、落胆を感じる。(でも、小指の先くらいの希望もある)

 

ヘアメイクとして、そういうことも含めてしっかりと自分の考えを持って日々仕事をしていかなければいけないなと思わせてくれる2つの番組でした。

 

死ぬまでには「人の見た目を美しくする真理」に辿り着けるのかな。。

 

みんなはどんな風に思っているんだろう?

 

 

ということで、今日のBlogはここまでです。

最後までお読み頂きありがとうございました!

また、次回!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の企業理念が詰まった、ややウザめのホーム・ページはこちら!

是非!!

 https://www.atcrowner.com/

 

 

 

 LINEブログもやってます。

比較的短いので、トイレタイムや1服のときにちょうど良いです。

最近は更新してません!

http://lineblog.me/atcrowner/archives/30711.html

 

 

 

 

ストリートアカデミーで

パパママ向けにKId`sヘアアレンジレッスンしています。

髪のとかし方から編み込みアレンジまで定期開催ではなく

お問い合わせ頂ければ開催するシステムをとっていますので、

開催回数は少なめですが好評いただいております。(顔出し有り)

 

2017年5月21日(日)に開催予定!

https://www.street-academy.com/myclass/6927

 

 

 

 

ストアカ登録とか面倒くさいし、

もっとちゃんと教えて欲しい!という方には、

マンツーマンのKIDSヘアアレンジトレーニング(レッスン)もやっています!

ストアカはグループ性で2時間なので、1人30分無いくらいのレッスンですが、マンツーマンは3時間みっちり、しかもご自宅への出張と個別アドバイスシートなど、 色々ついてます。ストアカよりもこっちの方が人気です。

https://www.atcrowner.com/service/personal-hair-makeup-training/

 

 

個人向け新サービス!『東京リセットサプリ』

ヘアメイクトレーニング×フィジカルトレーニング×フードトレーニング各専門家があなたの健康と美容を全面的にサポートする夢のサービスがついに登場!

詳細サイトも製作中! Coming Soon!!

 

 

メイクはマナーや身だしなみの1つという時代は終わりを迎えています。

法人メイクトレーニングで、従業員や社内の外見レベルを上げることで

企業のブランドを確立させ、競合相手との差別化を図る。

福利厚生ではない、会社の売上を上げるためのメイクトレーニング。

『自分たちには関係ない』と切り捨てるにはまだ早い。

先を行く人達はその重要性に目を向けています。

http://www.atcrowner.com/service/hair-makeup-training/

 

 

『美容×防災』プロジェクト

『美容』を通して、都心の『防災意識』をあげることはできないか?

いざという時に備えてほしい。美容で人の命は救えないけど、キレイじゃなくても死にやしないけど、美容を生業としている私にもなにか出来ることがあるはず。

ってことで最近、東北の被災地を回ってきました!

詳細は、また改めて!

 

 

 atCROWNER.LLC