読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キレイじゃなくても、死にやしない

ヘアメイクでご飯食べてます。

アクセス数アップを狙いに行け!2017 春 大人アイメイク!

やっぱり、美容ネタが一番アクセス数が高いね。

 

もう少し、

自分の職業に沿ったものを書いた方が良いと、

散々言われ、

「美容ど真ん中のテーマなんて

 面白くもなんともない!」と言い切ってきましたが

 

でも、やっぱり、

みんな、そんなに美容のコト知りたいんだね。

 

わかったよ。

書くよ。

 

今日は美容の中でも、特に皆様の関心が高い、

メイクについて。

 

しかも、今年のアイメイク事情について。

 

(メンズの皆さんは、特に読まなくても支障ないです。)

 

今年の、アイカラーは可愛いものがすごく多い!

 

何が可愛いのかというと、色。

 

イエロー、パープル、グリーン

今まで、ブラウンしか使わない アラサー女子も

是非、挑戦していただきたい、春カラー。

 

「そんな色とりどりのアイカラー使いこなせないから

 万年ブラウンなんだよ(怒)」

 

と聞こえてきます。

 

そうだね。

わかるよ。

アラサー・フォー女子は

特に、バブリーな感じになりかねない。

 

20代前半の子が付けているのを見て

「若いから付けられるんだ」と

捨て台詞を吐いていることでしょう。

 

大丈夫!!

今年の各ブランドから出ている

アイカラーは。

 

大丈夫なのよ!

バブリー感0(ゼロ)

いかにも感0(ゼロ)

 

その理由は

くすみ系のカラーだからなの。

 

昔のよくある

THEブルーアイシャドウとか今は無いんですよ。

 

少しくすみを加えることで、

鮮やかになりすぎない上、

肌に溶け込むので、

主張過ぎない、ポイントになりすぎない

絶妙な素敵カラー。

 

「万年ブラウンアイカラー女」の脱却を

今年の春は迎えて頂けたらと思います。

 

美容部員していた頃から感じていましたが、

消費者が求めているものと

ブランド側が出している商品コンセプトはいつだって

合致しない。

 

「誰がつけんだこの 真っ青なブルー。流行んねーだろ。」

と販売員でありながら、自社ブランドにケチをつけては

単価が高いスキンケアをひたすら売っていたあの頃。

 

メイク商品売るのが嫌いで嫌いで。

 

可愛くねーんだ。

 

古臭くて。

 

でもそんなのは、とうの昔。

 

今は、各メーカー、ブランド 「売れる!」

カラーメイク商品を販売するところが

多くなってきました。

 

ということで、

 

本気で個人買いした

アイカラーを載せます。

 

基本的に、メイク用品なんて

腐るほどあるので、

それこそ腐らなように

次から次へとゴミ箱へ。

 

アイカラーなんて

自分用に買うのは何年ぶりだろ。

 

基本的に、

デパートコスメが好きなので、

そちらで購入したものを。

 

「デパートコスメは高いわ」

という方のために、

 

購入してはいませんが

ドラッグストアコスメも載せましょう!

 

ということで、

次回は

 

「ヘアメイクが本気買い!2017 春アイカラー!ブラウンアイカラーから抜け出すなら今季のアイカラーを逃すな!」(仮)

 

検索ワードに引っかかるために必死な、

したたかさもたまにはいいんじゃないかな。

 

 

 

ホーム・ページがリニューアルされたよ!

スマホでも見やすくなりました!

新しいページも追加!

放置プレイのブログもHP用に更新!

私の企業理念が詰まった、ややウザめの仕上がりに満足しています!

是非!!

 https://www.atcrowner.com/

 

 

 

 

 

 LINEブログもやってます。

比較的短いので、トイレタイムや1服のときにちょうど良いです。

最近はめっきり更新してません!

http://lineblog.me/atcrowner/archives/30711.html

 

 

ストリートアカデミーで

パパママ向けにKId`sヘアアレンジレッスンしています。

髪のとかし方から編み込みアレンジまで定期開催ではなく

お問い合わせ頂ければ開催するシステムをとっていますので、

開催回数は少なめですが好評いただいております。(顔出し有り)

https://www.street-academy.com/myclass/6927

 

 

 

メイクはマナーや身だしなみの1つという時代は終わりを迎えています。

法人メイクトレーニングで、従業員や社内の外見レベルを上げることで

企業のブランドを確立させ、競合相手との差別化を図る。

福利厚生ではない、会社の売上を上げるためのメイクトレーニング。

『自分たちには関係ない』と切り捨てるにはまだ早い。

先を行く人達はその重要性に目を向けています。

 

今季は法人メイクトレーニングに力を注ぐ!

http://www.atcrowner.com/service/hair-makeup-training/

 

 

 atCROWNER.LLC